自分にどの食べ物にアレルギーがあるか知ることが大切

食物アレルギーとは、ある特定の食べ物に対して体が過剰に反応してしまうことを指します。
食物アレルギーは子供に多くみられるのが特徴です。
子供に多い理由としては、成長段階で消化機能が未熟なため、アレルゲンであるタンパク質を分解することが出来ないことが要因の一つとして考えられています。
しかし、中には大人になっても症状が続く場合があるので、注意が必要です。
食べ物アレルギー対策としては、まず自分のアレルゲンを知ることが重要です。
今は血液検査や皮膚テストなどで簡単にアレルゲンを調べることが出来るので、そういったものを利用すると安心です。
また、食事の後にじんましんやかゆみが出たり、口の中がイガイガしたり唇や口の中、まぶたが腫れるといった症状が出た時も注意が必要です。
皮膚症状以外にも、くしゃみや呼吸困難といった症状にも注意が必要になります。
このような症状が出たら、どの食べ物を食べた時になったのか記録をして病院を受診すると、スムーズに診察を行うことが出来ます。

バリアフリーに対応したリフォーム

歯医者さんの口コミ情報!

防犯カメラの設置はプロにお任せ!