食べ物のアレルギーは命に関わることがある

食べ物に関するアレルギーは怖いものがあります。
ひどい場合はアナフィラキシーショックで呼吸困難になり命に関わる状態になってしまうこともあります。
大人の場合は自分で知り判断することはできますが、子供の場合は親や周りにいる大人が注意をする必要があります。
小麦や乳製品の場合は大丈夫と思っていても含まれている場合があるので、特に注意が必要です。
最近では、アレルギーの症状が出るものを避けるだけでなく、病院でどのくらいの量までは大丈夫なのか、どのような症状がでるかなど、調べて治療をしていく病院があります。
また子供のうちはひどい症状が出るようでも、年齢を重ねるごとに症状が改善されていくこともあります。
改善していくかどうかは個人によって違いますが、長い時間をかけて治療したりしていくことが必要になります。
しかし、命に関わることなので自分だけで判断することなく病院でやらなければなりません。
また、離乳食を始める時は子供にアレルギー症状が出ないかどうか注意をしながら、少しずつ進めていくことが大切です。